21 Octブランド品のスーパーコピー、だまされないで!

ブランド品の買取、中古品の販売、質屋のセールやリサイクルショッ
プなど、ブランド品が好きな人が買い物をする場所の裾野はぐんと広
がっています。

実際、ブランド品の買取を利用して手元にあるもう使わないブランド
アイテムを売り、そのお金で同じ中古店やリサイクルショップで別の
ブランド中古品を購入するというブランド愛好家も多く、そうした人
たちの手元でリサイクルされてぐるぐる回る商品も存在します。

もちろん、国内外の正規の路面店で定価購入する人もいれば、海外へ
出る際にDFSなどで免税品を買ってくるという人も少なくないし、こ
うした人がブランド品の買取で不要なものを手放すこともありますが、
中古品を買うことに対するハードルは、ことブランドに限っては、す
っかり低くなりました。新品同前のものも多いですしね。

そこで気になるのが、ブランドのにせもの、コピー商品というもので
す。海外の工場で生産されるこうしたコピーアイテム。巧妙にできて
いるものはSクラスとか、スーパーコピーなどと呼ばれていて、素人
がぱっと見た分には、ほとんど正規品と違いがわからないものもある
とか。路面店で買ったものか、どこで買ったものかわからないような
ブランド品が、ブランド品として高額で取引されているとしたら、ち
ょっと怖いですよね。

ブランド品の買取を体験した人ならわかるでしょうが、こうした点は
買取をする側も敏感で、基本的にはブランドアイテムの中古品は、正
規品と同様に保証書がついていたり、ナンバリングがあったり、正規
店でしかついてこない付属品などがきれいにそろったものを高額買取
しています。とはいえ、ブランド品を持ち歩きたい、身につけたいと
考える人にとっては、正規品かコピー品かのハードルも低くなってい
る人もいて、スーパーコピーと銘打ったにせものを販売するネットシ
ョップも複数存在しています。

詐欺になるかどうかは、コピーと知って販売しているお店と、コピー
と知って買っている人がいる関係では、成り立たない。しかしこうし
たショップは海外に事務所があるところが多く、多くの場合コピー商
品は輸入されてきます。税関ではブランド品のコピー商品の輸入は禁
止されていますから、お金を払ったのに肝心の良くできたスーパーコ
ピーは手元に届かないというケースも、多く発生しています。

Comments are closed.